サーマクールについて

サーマクールは”メスを使わないフェイスリフト法”として、アメリカで研究開発された、シワ・タルミ取りの治療機器のことを指します。
この治療機器が発表されて以降、美容先進諸国でも大ブレイクし、美容医療業界に大きな旋風を巻き起こしました。

エイジングケアマシンとして、専門の学会ではもちろんのことながら、各マズメディアにも注目され、現在では抗加齢における定番の治療メニューとして定着しています。
サーマクールは、日本の厚生労働省にあたる米国FDA(食品医薬品局)およびカナダHPFB(健康製品食品局)承認の治療器で、施術後のダウンタイムが無いことも有名です。

そもそもこのサーマクールというエイジングケアマシンの開発元が最初に着目したのが、創傷治癒の発想です。
創傷治癒とは「傷を治す学問」のことを指します。例えば、火傷や傷を負うと、しばらくしてマクロファージの活動が始まります。マクロファージとは老廃細胞や組織、細菌、異物を取り込み殺菌、消化をする働きの事です。
次に線維芽細胞内で修復の主たる材料であるコラーゲンが生成されます。
さらに、線維芽細胞が産生したコラーゲンに支えられて毛細血管が発達。そこに流れ込む新鮮な血液を通して線維芽細胞に栄養が送られ、さらなるコラーゲンの新生を促すという自己増殖のサイクルが構築されます。
つまり、真皮が刺激を受けると、その損傷を修復するべく、コラーゲンが生成され活性化されるというわけです。
サーマクールは、この反応の美容医療メリットのみを導入しています。
抗加齢対策に興味のある方は是非、専門機関を訪づれてみてはいかがでしょう。

カテゴリー: サーマクール | サーマクールについて はコメントを受け付けていません

仮性包茎の手術について

色々なタイプの包茎の中でも仮性包茎はもっとも日本人に多いタイプだと言えます。
普通の時は包皮が亀頭を覆っていますが、自分で剥けば亀頭を簡単に露出させることができるというものです。
仮性包茎と言っても、余っている包皮の長さによって、勃起するとほとんど亀頭が自然に露出する正常に近い仮性包茎から、勃起してもほとんど皮を被ったままの重度の仮性包茎まで色々あります。
ほとんど剥けないタイプは、衛生状態が悪くなりやすい傾向があり、剥けやすいタイプより手術をしたほうが良い場合が多いです。
軽く剥ける場合は、毎日きちんときれいすることができれば手術の必要はありません。
しかしながら毎日きちんと洗浄することが出来ない、垢が溜まる、炎症を合併しているなどの場合は手術適応になります。
そのような場合は手術を検討したほうが良いかもしれません。
又、美容面での改善を目的に包茎治療を希望する方も多くいらっしゃいます。
包茎だと見た目が悪くて、友達と入浴できない、女性を誘えないなどの悩みを持っておられる方が多いようです。
包茎でない方から見れば些細な事かと思われるかもしれませんが、包茎の方の悩みは大きいようです。
女性の方が、バストが小さいなどで悩んで豊胸手術をするのと少し思考が似ているかも知れません。
包茎手術をしたことで、コンプレックスが無くなり、もっと早くやっておけばよかったと喜んでいただけるケースがかなりあります。
ずっと包茎で悩んでいて、いつかは手術をしたいと考えているということであれば、精神的負担の軽減という面から、早めに手術をすることが良いと考えられます。
一人で悩んでいないで、専門医に相談することが解決への一番の近道かも知れません。

仮性包茎の包茎手術なら仙台のクリスタルメンズクリニック
https://www.mencli.com/hokei/about.html

カテゴリー: 包茎手術 | 仮性包茎の手術について はコメントを受け付けていません