鍼灸院における腰痛治療

一般的に言われる腰痛とは、数多くの種類の腰の痛みの総称です。
腰背部の筋肉の疲労や肉ばなれ、打撲、骨折、腰椎の捻挫、椎間関節症、ヘルニア、脊椎すべり・分離症など、筋筋膜の炎症や緊張または、椎間関節の炎症、神経が牽引された状態が考えられます。
原因は、つかい痛みや長時間にわたる同じ姿勢、老化などによる変形、肥満やハイヒールを履くことによるものなど症状は様々ですが、日頃から腰痛にならないようにストレッチやトレーニングで予防することは可能だといえます。
また、すでに腰痛で悩まされている方も鍼灸などで症状の悪化や痛みを抑制することができます。
一方で、腰痛は消化器系、婦人科系、泌尿器系の疾患が原因で起こることもあり注意が必要です。
鍼灸には、血液循環の改善、筋疲労の改善、免疫力の向上、リラクゼーション、鎮痛などの効果があります。
それらの効果と、一人一人の体質に合った治療で痛みを緩和し、腰痛の起こりにくい体質へと改善していきます。

腰痛治療なら大阪天王寺区のまり鍼灸院へ
https://www.mari-shinkyu.jp/s01/

カテゴリー: 腰痛 | 鍼灸院における腰痛治療 はコメントを受け付けていません。

美容皮膚科での「スタックトーニング」とは?

「スタックトーニング」とは、美容皮膚科で行われる施術の一つです。
これは「レーザートーニング」とも呼ばれ、主に肝斑の治療に用いられます。

特殊なレーザーを当てることで、メラニンが作られるのを防いでくれます。
ダウンタイムがなく、施術してすぐにメイクをしても大丈夫です。
これまでの美容皮膚科における肝斑治療は、かなり時間がかかりましたが、レーザートーニングが登場したことにより、劇的に時間が短縮されました。
レーザートーニングでは、「Q-YAGレーザー」というレーザーが使われますが、それを特殊な技術で当てるというのがポイントです。
それは、「トップハット型照射」といわれる物です。
一般的な照射法である「ガウシャン型」は、当たり方にムラが出てしまい、弱く当たっている所には効果が出ず、強く当たっている所には炎症が起きるなどの難点がありました。
しかし、トップハット型だと、ムラが出ないので、全体に適切な量を照射することができるのです。

カテゴリー: 美容皮膚科 | 美容皮膚科での「スタックトーニング」とは? はコメントを受け付けていません。