美容皮膚科での「スタックトーニング」とは?

「スタックトーニング」とは、美容皮膚科で行われる施術の一つです。
これは「レーザートーニング」とも呼ばれ、主に肝斑の治療に用いられます。

特殊なレーザーを当てることで、メラニンが作られるのを防いでくれます。
ダウンタイムがなく、施術してすぐにメイクをしても大丈夫です。
これまでの美容皮膚科における肝斑治療は、かなり時間がかかりましたが、レーザートーニングが登場したことにより、劇的に時間が短縮されました。
レーザートーニングでは、「Q-YAGレーザー」というレーザーが使われますが、それを特殊な技術で当てるというのがポイントです。
それは、「トップハット型照射」といわれる物です。
一般的な照射法である「ガウシャン型」は、当たり方にムラが出てしまい、弱く当たっている所には効果が出ず、強く当たっている所には炎症が起きるなどの難点がありました。
しかし、トップハット型だと、ムラが出ないので、全体に適切な量を照射することができるのです。

カテゴリー: 美容皮膚科 パーマリンク