子供にもやさしい眼科に通いたい

夏になるとプールが始まるためか、子どもの眼のトラブルが増えてきます。
私の子どもも時々、目がかゆいといって眼科にかかることがあります。
大人にとっては、病気やけがをしたら病院にいくのはあたりまえのことですが、子どもは、とかく病院という場所を怖がりがちです。
もっとも、検診や予防接種を除いては、病院は具合が悪い時にしか行かない場所ですし、
予防接種に至っては、何も悪いところがないのに痛い注射をされるのです。
子供が病院を嫌うのも、無理もありません。
その点、眼科は”痛い事”はほとんどしないので、他の診療科よりは安心かもしれません。
でも、それでも「やっぱり嫌だ」と言う子は多いです。
薄暗い部屋で、機械に頭を固定されて診察することが、苦手のようです。
目薬がこわいという子もいますね。我が子も例外ではありません。
診察も目薬も大嫌いで、連れていくときには、毎回苦労します。
先日、また目を痒がり、神戸三宮駅前の眼科を受診しました。
明生アイクリニック
初めて行く眼科だったのですが、ここはとても印象が良かったです。
受付のお姉さんをはじめ、スタッフの皆さんが大変親切で、子供にもやさしく声掛けをしてくれました。待合室で様子を見ていると、子供だけではなく、お年寄りにはゆっくりと大きめの声で話しかけるなど、配慮しているようでした。
こういう心遣いができる病院には安心して通えますね。

以前にかかった眼科はとても事務的で、子供やお年寄りへの配慮は、あまり感じませんでした。
どの科でもそうですが、やはり相性は大事です。私は、子供にもやさしく接してくれる眼科に通いたいですね。

カテゴリー: 眼科 パーマリンク