乳がんの手術と、乳がん手術後の乳房の同時再建方法について

乳がんは、かなり早期の状態でがん細胞が血管内を移動して全身に回っているという見解が多く、切除する部分の大小では生存率は変わらないことが明らかになってきました(フィッシャーの理論)。
それに伴い乳がんの手術は、治療の他に美容を損なわない方向に変わってきました。
全摘をすると審美性が大きく損なわれますが、乳房温存と比較して生存率は同じです。
そのため早期乳がんに対しては乳房温存療法が推奨されています。
十分に配慮された乳がんの手術では、手術痕に気がつかないほどです。
この乳房温存術後にがんが局所再発しても、再手術で全摘術を行うことが可能なので、温存療法を選んでも最初から全摘出をしても生存率に変わりはありません。
乳房全摘出が必要なのは、マンモグラフィー検査で広範囲に悪性石灰化が見つかったときやしこりが多発性の場合、乳房の大きさに比べてしこりが大きい場合などです。
他には妊娠中や活動性の膠原病のときなどがあげられます。
乳房を全摘することになっても、手術と一緒に行う同時再建の方法があります。
乳がん切除と同時に人工乳房を直接挿入するインプラント方法です。
この術法による同時再建であれば、術後の患者本人の喪失感が少なく、乳房のボリュームが保たれているので心理的負担が軽いもので済みます。
この術法には公的保険が適用されます。

カテゴリー: 同時再建 パーマリンク