サーマクールについて

サーマクールは”メスを使わないフェイスリフト法”として、アメリカで研究開発された、シワ・タルミ取りの治療機器のことを指します。
この治療機器が発表されて以降、美容先進諸国でも大ブレイクし、美容医療業界に大きな旋風を巻き起こしました。

エイジングケアマシンとして、専門の学会ではもちろんのことながら、各マズメディアにも注目され、現在では抗加齢における定番の治療メニューとして定着しています。
サーマクールは、日本の厚生労働省にあたる米国FDA(食品医薬品局)およびカナダHPFB(健康製品食品局)承認の治療器で、施術後のダウンタイムが無いことも有名です。

そもそもこのサーマクールというエイジングケアマシンの開発元が最初に着目したのが、創傷治癒の発想です。
創傷治癒とは「傷を治す学問」のことを指します。例えば、火傷や傷を負うと、しばらくしてマクロファージの活動が始まります。マクロファージとは老廃細胞や組織、細菌、異物を取り込み殺菌、消化をする働きの事です。
次に線維芽細胞内で修復の主たる材料であるコラーゲンが生成されます。
さらに、線維芽細胞が産生したコラーゲンに支えられて毛細血管が発達。そこに流れ込む新鮮な血液を通して線維芽細胞に栄養が送られ、さらなるコラーゲンの新生を促すという自己増殖のサイクルが構築されます。
つまり、真皮が刺激を受けると、その損傷を修復するべく、コラーゲンが生成され活性化されるというわけです。
サーマクールは、この反応の美容医療メリットのみを導入しています。
抗加齢対策に興味のある方は是非、専門機関を訪づれてみてはいかがでしょう。

カテゴリー: サーマクール パーマリンク